食べられるお箸(畳味)とは?


口にすることができるほど安全で高品質な熊本産いぐさを100%使用
さらに、いぐさにはレタスの約60倍の食物繊維含有量(*1)という高い栄養価があることにも注目。
この箸には、1膳あたりサラダ1皿分以上(*2)の食物繊維を含んでおり、
ただ食べられるだけではなく健康にも良いお箸となっています。

*1:森田洋ほか (2002) 「イグサの機能性と食品産業への新展開」
*2:一般的な野菜サラダ1皿77g 中食物繊維量

3つのポイント

畳の原料であるいぐさの風味

リラックス効果のある畳。
その原料のいぐさの風味を、
お箸にたっぷり詰めました。

食物繊維がたっぷり

食物繊維が豊富に含まれるいぐさ。
いぐさの食物繊維の含有量は、
レタスの約60倍と言われています。

サクッと香ばしい食感

じっくり低温で焼き上げることで
サクッと食べやすい食感にしました。

食べられるお箸(畳味)の使い方

01

料理を掴む


食べられるお箸(畳味)は、どのような食事の場面でも活用することができます。まずはお箸を優しく手にとり、お料理を持ち上げてください。

02

料理を食べる


優しく持ち上げた料理を、口元に運んで料理を召し上がってください。この時、先走ってお箸を食べてしまわないように気をつけてください。

03

箸を一口サイズに折る


お食事が終わったら、とうとうお箸を召し上がる時間です。まずは一口サイズにお箸を折ってください。固めに焼き上げていますので、折るのに少々力が必要です。

04

箸を食べる


折った箸を口元へ運び、お召し上がりください。噛み締めながら、鼻からほのかに抜けるいぐさの香りをお楽しみください。

ご購入はこちら